住所変更後は、イオンカード登録情報も変更することをお忘れなく

イオンカードに限らず、クレジットカードなどの重要なカードを保有している場合、個人情報などが変更になった時はできるだけ早く変更を知らせなくてはなりません。
手続きは、インターネットサイトからできるものもあれば、電話連絡をしなければならないものなど、いくつかの種類に分かれます。

また、カードのタイプによっては、銀行口座側の登録情報を変更してしまえば、カード側の登録情報に関しては変更手続きを行わなくても大丈夫といったものもあります。
引っ越しなどで住所を変更する場合は、早めにカード会社に連絡をいれましょう。

イオンカードは、住所変更を申し出て変更情報が反映されるまで、一週間程度要することになっています。

新規にイオンカードに申し込む場合に住所変更の予定があるなら、カードの受け取りや明細書の発送などを考えて、引越しとカード受け取りと、どちらを優先するか考えてから行動すると良いでしょう。

もし、申し込みしてから受け取るまでの間に引っ越してしまった場合に、カードが受け取れない可能性があるからです。

やむなくカード受け取り時期と、引越し時期とが重なってしまう場合は、新しい住所へと転送してもらえるように、カード会社ではなく、配達側へ手続きをしておくことをお勧めします。

基本的に、カード会社への変更の申し出は、新しい住所がわかっているだけで引越し自体をまだ終えていない状況で行うのではく、手続きや引越しを終えてからになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:イオンカード

このページの先頭へ