イオンゴールドカードを所持するは、一定の基準をクリアする必要があります

持っているだけで自分のステータスになる、それがゴールドカードです。
そして、イオンカードにもゴールドカードがあります。
バブル景気の頃は、今よりもゴールドカードの価値が高く、ゴールドカードを所持するは、一定の基準をクリアする必要があり、お金持ちの条件の一つでした。

今ではゴールドカードは、昔に比べれば取得が容易になりましたが、今でも取得に多くの条件があるカードもあります。
その中で、ゴールドカードの特典やステータスはそのままに、比較的取得条件が簡単なゴールドカードがイオンゴールドカードです。

では、どのような条件でイオンゴールドカードを取得する事が出来るのでしょうか。
レギュラーよりもランクの高いカードなので、誰でも持てるわけではありません。
イオンゴールドカードの取得条件は、次のいずれかを満たすことです。

A.直近1年のイオンカードの利用累計額が100万円以上。
B.直近1年のイオンカード利用件数が120以上と利用累計額が80万円以上。
C.カード作成からのイオンカード利用累計額が500万円以上。
D.イオングループでのイオンカード利用累計が60万円以上。

以上いずれかの条件を満たせば、レギュラーカードから切り替えたゴールドカードがイオンから送られてくるので、ゴールドカードを手に入れることが出来ます。
しかし、レギュラーカードを持っている時に、料金の滞納があったり、支払いが期限に遅れたりするとゴールドカードの取得が制限される場合があるため、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:イオンカード

このページの先頭へ