陸と空をつなぐスイカとANAカード

最近では、本来ライバルと思われる業種がタッグを組むこともあります。
その中でも注目なのは、鉄道業界と航空業界です。
東京と大阪を結ぶ路線などでは、電車と飛行機は熾烈なライバル関係にありますが、そんなライバルで手を組んだのが、スイカの搭載されたANAカードです。

このカードの魅力といえば、何といっても電子マネー「スイカ」の搭載です。
これは鉄道会社が運営をしている電子マネーで、改札口にタッチして電車に乗ることができるのは勿論、買い物もすることができ、さらに、スイカにはオリジナルのポイントプログラムがあり、このポイントを電子マネーにすることもできます。

そのためには、このポイントプログラムの会員登録を行わなければいけません。
まず、対象となるこの電子マネーのカードを用意します。
この場合は、ANAカードです。
用意したら、ポイントプログラムのサイトに行って、会員登録をします。

これはパソコンからでも携帯電話からでも登録でき、登録料はもちろん無料です。
また、飛行機に乗る機会が少ないという方は、飛行機に乗って貯めたマイルを鉄道会社のポイントに交換することができます。
航空会社の10000マイルを、10000ポイントに等価交換することができるのです。

ただしここで気をつけないといけないのは、年度ごとの累計マイル数に応じて、レートが変わってくることで、20000マイルまでは等価交換なのですが、30000マイル以上ですと半分のポイントになります。

陸と空、上手に使い分けられて1枚で済むというのは、カード管理の観点でも非常にありがたいカードです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ANAカード

このページの先頭へ