年会費の割引制度があるANAカードについて

ANAカードの場合、ほとんどのカードが年会費があります。
最近では、会費無料のクレジットカードというのは決して珍しくはありませんので、その中で有料のカードを持つのは、やはりそれに見合ったサービスがあるからです。
とはいえ、同じサービスを受けるならば少しでも安いほうがいいですよね。

大手銀行系が発行するANAカードでは、年会費の割り引き特典がいくつかあります。
カードの種類によっては対象外だったり、割引額が異なります。
まずは、「カードの利用明細をwebのみにする」というサービスを利用することで、お安くなります。

普通、クレジットカードを利用すると、紙の明細書が送られてきますが、これを送るのにも郵便代がかかります。
このサービスを利用することで、ゴールドカードならば1050円のオフになり、それ以外のカードですと525円オフになります。

ただし、もともと無料の学生カードや家族会員の年会費は対象となりません。
もう1つのサービスが「リボ払いに切り替えて利用する」というサービスです。
このサービスに関しては、家族会員も対象となります。

ゴールドカードの本会員は3675円、ゴールドカードの家族会員は1575円、交通系の電子マネーの付いたカードでは788円、そのほかの一般的なカードの本会員は1024円、そして家族会員ですと552円のオフになります。

ほとんどのカードの場合、どちらかのサービスしか適用されませんが、1種類だけ、2つを併用できるものが存在しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ANAカード

このページの先頭へ