JALカードとANAカードを様々な面で比較する

日本の大手航空会社2社が発行する「JALカード」と「ANAカード」、果たしてどちらがお得なのか、今回は様々な切り口で比較をしてみたいと思います。
まずは、提携ブランドです。

どちらも同じくらいの提携ブランド数を持っていますが、ANAの方が若干高級な提携ブランドを有しています。
次に、年会費です。
クレジットカードには様々な種類がありますが、ここでは最も一般的なランクのクレジットカードで見てみましょう。

本会員は2,100円、家族会員は1,050円の年会費で、どちらも同じ価格です。
一方、航空系のクレジットカードの魅力は付帯保険が付いていることですが、どちらのカードも、国内旅行、海外旅行ともに1,000万円の補償が付いています。

そして、ボーナスマイルに関しても、どちらのカードも全く同じです。
唯一違いがあるとすれば、ショッピングマイルです。
JALカードの場合、特約店以外は200円で1マイルですが、一方ANAカードの場合は100円で1マイルとなっています。

こう見ると、ANAのカードの方がお得に見えますが、そうではありません。
ANAのカードの場合、1ポイントを10マイルとして、マイルを移行させる手数料が、年間2,100円掛かります。

一方JALカードの場合、100円で1マイルという有利なレートにチェンジすることができます。
しかし、マイルの還元率を比べるとANAは1%、JALは0.5%なので利用頻度で選ぶと良いでしょう。

また、ANAのカードには、電子マネーの機能があります。
入会時には各社それぞれ豪華な特典が付きますので、そちらを参考にして入会を検討してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ANAカード

このページの先頭へ