ブラックカードの驚きの年会費

クレジットカードには、年会費が無料のものもあれば数十万円のブラックカードもあり、会費が高ければ高いほど多くの特典が付きます。
そもそもブラックカードは、ゴールドやプラチナの上を行く、限られた人しか入会できないカードの事です。

高額年会費のランキング1位はアメリカンエキスプレスが展開しているセンチュリオンカードで、その価格は36万7,500円で、お客1人に旅行と生活のコンシェルジュが一人ずつ付きます。

コンシェルジュは「NOと言わないサービス」として有名で、手厚い特典となっています。
カードを取得するには明確な規則は明らかにされておらず、カード会社からの招待が無いと持つ事はできません。
それだけ、限られた人しか持てないカードなのです。

2位はSBIワールドカードの15万7,500円で、このカードはマスターカードと提携しているので、国内ではマスターカードの最高峰のカードとも言え、他のカードより圧倒的に情報量が少なく「幻のカード」とも呼ばれています。

このカードも招待制でしか取得できないカードで、利用金額を積み重ねる事から始まります。プラチナカードは招待なしでの申し込みが可能です。
3位はスルガVISAインフィニットの12万6,000円で、これもSBIワールドカード並みに希少価値が高くプレミアカードと言えます。

このカードを取得するには、スルガ銀行の上顧客になるしかありません。このように、ランキングを見ると1位と2位の差が大きく、アメリカンエキスプレスが最上級のブラックカードである事が分かります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブラックカード

このページの先頭へ