限られた人しか持てないカードとして知られているダイナースクラブのブラックカード

ダイナースクラブは、世界で最初のクレジットカードである事から格式高いカードとして知られています。
限られた人しか持てないブラックカードと言えば、アメックス・センチュリオンか、ダイナースクラブ・プレミアムカードと言われています。

日本国内での発行主体は、アメリカの銀行の傘下であるシティカードジャパンで、その為、シティカードとの親和性が高くなっています。
プレミアムカードを取得するには原則として、このカードはインビテーション制(招待制)なので、自分から申し込んで持てるカードではありません。

ダイナースクラブの一般カードを長期保有し、優良な顧客である場合に招待状が届くケースと、シティカードから直接渡されるケースがあります。
又、シティバンクの月間平均総取引残高が5千万円以上のシティゴールドプレミアムの場合は自動的に招待されます。

この場合、通常の年会費は13万円(税別)の所が、半額の5万円になります。
ただし、引き落とし口座はシティバンク銀行に限定されます。
入会審査に通る必要があり、最低限の審査基準は、シティゴールドプレミアムを持っていて、シティバンクの月間平均総取引残高が5千万円以上の方という基準です。

次に、33歳以上で年収600万円、勤続年数10年以上の役職者か、自営業10年以上、自宅を保有している方という条件を満たして初めて発行審査が行われます。
その後、候補者に封書又は電話で招待されます。このブラックカードを持てば、コンシェルジュやトラベルサービス等、様々な特典や優待を受ける事ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブラックカード

このページの先頭へ