作っておけば便利な海外で使えるキャッシュカード

皆さんは、急な海外出張や海外旅行の際、トラベラーズチェック派ですか、それとも現地の銀行で換金しますか。
海外の銀行の場合、換金できなかったり、長時間待たされたりすることがあるようです。
そんな時、イライラした経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

海外での換金は時間と手間がかかるものです。
そんな時とても便利なのが、海外で使えるキャッシュカードで、このカードの特徴は、裏側に特殊なマークがついていて2種類のマークがあります。
海外のキャッシュディスペンサーなどで使えて、銀行と同じレートで換金してもらえます。

24時間引き出し可能な場合や、引き出し手数料が無料というところもあります。
ただし、引き出せる金額には限度がありますので、注意が必要です。
海外で使えるキャッシュカードは、日本の銀行にある自分の口座から作れます。
ですから、海外旅行の前に準備しておくと良いでしょう。

語学留学や仕事での長期滞在の場合は、ほとんどの方が作っていくそうです。
残高照会も手数料がかからないところもありますので、引き出しだけでなく利用頻度はかなり多いと思われます。
もちろん、現地通貨で引き出せますので、長期滞在には欠かせないものだと言えます。

日本の企業は長引く円高で、ここ数年は海外へ拠点を移してきました。
そして、多くの日本人が海外で働くようになっています。
そんな企業戦士の強い味方が、海外で使えるキャッシュカードなのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ