国際キャッシュカードの手数料はお得か

日本国内にあるATMからカードで現金を引き出すのと同様に、海外で外国のATMから現地通貨で現金を引き出せるカードを国際キャッシュカードと言います。
普通に国内で使っているキャッシュカードが、海外でも使用可能なのです。

利用の際は銀行の口座から引き出されるので、クレジットカードのような審査は必要ありません。
ですから、クレジットカードのキャッシング枠を使えない人や、キャッシングを使いたくない場合には非常に便利です。

また、トラベラーズチェックのようにかさばりませんし、両替の必要もないので扱いやすいと言えます。
但し、利用には引き出し手数料が掛かってしまいます。
果たして国際キャッシュカードの手数料はお得なのでしょうか。

国際キャッシュカードは、利用金額ごとに手数料が決まっています。
例えば1万円の引き出しの場合は、300円から700円程度の手数料がかかります。
これは、クレジットカードのキャッシングに掛かる利息と比較すると決してお得ではありません。

しかし、キャッシュカードの維持にはほとんどの場合費用が掛からないのに対して、クレジットカードには発行料や年会費が掛かってしまいます。
それに、個人により利用限度額が決まっているので、予め確認しておく必要があります。

そうなると、利用の仕方によってはキャッシュカードの方が有利な場合もあります。
やはり、国際キャッシュカードは便利ですし、旅行先では突然の現金の出費があるかもしれません。
クレジットカードと両方を上手に使い分け、海外を楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ