急な出張等に備えたい海外のATMで使えるキャッシュカード

長い人生の中で、海外勤務や留学、定年退職後に長期間の海外旅行など、海外に滞在するという方も多いのではないでしょうか。
長期間外国へ行く場合はお金の管理がとても重要になってきます。

多額の現金を持ち歩くのはやはり危険ですし、通貨が違う外国のATMで使えるキャッシュカードの存在は大変心強いものです。日本国外で使えるキャッシュカードを国際キャッシュカードと言い、日本で口座を開設しているのであれば、滞在先のATMからでも現地通貨が引き出せるという優れものです。

現在このカードを発行している銀行には限りがあり、既にサービスを終了している銀行がありますので、予め調べておきましょう。
どこの銀行もカードの発行手数料は無料ですが、換算レートや引き出し手数料はそれぞれの銀行で異なり、手数料が無料のところもあります。

但し、無料であっても海外で引き出す場合は、ATM使用料を徴収されるケースが少なくなく、1回の引き出しで200円程度の手数料を要求される場合があり、また、換算レートに関してはあまり良いとは言えません。

国際決済業務を行う会社が定めたレートに3パーセントを加算して換算するので、例えば、1USドルが100円だとして、100ドルを引き出すときは10,300円が口座から引かれてしまいます。

これが、銀行で両替すると10,000円となります。
レートが最優先という方には割高感はあっても、利便性を選択して両替をする時間を省きたい方には、カードは強い味方となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ