シティプラチナカードの充実した海外旅行の保険

シティプラチナカードといえば、充実した保険が有名です。
まずは、海外旅行傷害保険です。
旅行代金をカードで支払うことで付帯する「利用付帯」の内容が充実しています。

傷害死亡・後遺障害は最高1億円、傷害治療・疾病治療は最高500万円、賠償責任は最高5000万円、携行品補償は年間最高100万円、そして救援者費用は年間500万円を限度に補償してくれます。

このなかで特筆すべきは、傷害治療・疾病治療と賠償責任です。
死亡補償が手厚い保険は多いものですが、正直なところ、そうそう死ぬということはありません。

それよりも、怪我をしたり病気になったりする場合のほうが多いです。
また、自分が怪我をするだけとは限りません。
ホテルのバスタブにお湯を入れていたら、そのまま旅の疲れで寝てしまい、目が覚めたら部屋が水浸し、というのは日本人がよくやることです。

もちろん、被害が出るのでホテルから損害賠償が来ます。
その賠償があるのは万一を考えれば嬉しい点です。
海外航空便遅延保険も付いています。

これは、国際線のフライトが遅延したり欠航したときに、ホテルに宿泊をしたり、食事を取ったりする際には、最高で40000円が提供されます。
また、飛行機はちゃんと到着したのに、自分の荷物が来なかったり、どこかに紛失してしまったということもあります。

そんなときには、生活必需品を購入しないと、着替えもできずに非常に不便に過ごす羽目にあってしまいますが、そんなときにも、前述の海外航空便遅延保険で補償されますので、汎用性のある嬉しいサービスです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:シティーカード

このページの先頭へ