問い合わせ内容別にダイレクト発信できる、シティバンクの電話窓口

リアル店舗を持たず、ネット専業の銀行が増えている中、問い合わせ方法も少しずつ変化してきています。

多様化している一方で、問い合わせ方法が限られているようにも見えるのは、ネット専業でありながら、電話でしか問い合わせできないような内容があるために、問い合わせ内容によっては電話のみの扱いになってしまうからです。
電話窓口の在り方は、以前から大きく変化しています。

たとえば、自動のアナウンスで、問い合わせ目的の手続きをすべて終えることができる窓口があったり、何十種類もある窓口に対して問い合わせ内容にあわせて、番号を押していくだけで目的に合った窓口につながったりする点です。
シティバンクのテレフォン窓口も、そうした進化型に入ります。

ただし、ほかの窓口と違う形態で運営されているのが、シティバンクの問い合わせ窓口の利便性の高さにつながっています。
シティバンクのテレフォンタイプの問い合わせ窓口は、個別に紹介されており、それぞれ番号が表示されています。

また総合窓口用の番号も紹介されているので、どの窓口に問い合わせればいいかわからないといった場合にも、ちゃんと問い合わせすることができるような仕組みもあります。
個別の紹介がわかりやすい点からも、利用者を配慮していることがうかがえます。

たとえば、詐欺や紛失など、時代に合わせた問い合わせ窓口も明確に表示されているからです。
ちなみに、海外からの問い合わせ番号もわかりやすく表示されているので、ビジネスパーソンにも心強い銀行です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:シティーカード

このページの先頭へ