シティバンク預金者が持ちやすいダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードというと、勤続10年以上、33歳以上の会社員や医者、弁護士、自営業の方が持つ資格を得られるといわれ、社会的ステータスが高くないと取得出来ないと思われがちです。

しかし、シティバンクに預金口座を持っていれば、これらの条件を満たさずともダイナースクラブカードを取得する事が出来ます。
シティバンクでは、高額預金者としてシティゴールドというランク付けがあります。

1000万円以上を3ヶ月以上預ける事が条件の様で、この条件を満たすと招待状が預金者に送られます。
条件を満たすと専属のコンサルタントが配置され、資産運用に関する相談に適宜乗ってくれます。

また、高額な手数料がかかるといわれる海外送金の手数料が無料になり、トラベラーズチェックの両替手数料もかからなくなります。
このように、高額預金者という事で、格段のサービスが得られるのです。
これらのサービスの中に、ダイナースクラブカードの発行というものがあります。

カードの表面に「Citigold」というロゴが入るので普通のカードとの違いは出てしまいますが、れっきとしたカードです。
シティゴールドに認定された後に申し込むと、最初に挙げた条件を満たしていなくても、少し届かない程度でしたら発行してもらえるようです。

さらに、年間30万円以上利用すると、年会費が無料になります。
この経路を使う事によって、20代の大学教員が取得出来たという実績もあります。
預金をシティバンクにまとめる事で発行してもらえるというのは、十分検討に値するでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:シティーカード

このページの先頭へ