シティカードのグレードは年会費別にエリートカード・ゴールドカード・プラチナカードの3種類

クレジットカードには、利用者の所得や資産に応じたグレードがあり、通常のクレジットカード、ゴールドカード、プラチナカードといった様にグレードがアップしていき、受けられる特典が違ったり年会費にも差が出たりします。

シティカードの場合も同じ様に、エリートカード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類がラインアップされており、その年会費は、エリートカードが本会員3,000円で家族会員は無料、ゴールドカードが本会員12,000円で家族会員は無料、プラチナカードが35,000円で家族会員は無料と推移していきます。

勿論、年会費が高くなるにつれ維持経費が増えてステータス性が高まるので、ゴールドカードやプラチナカードの持ち主は相応の所得や資産がある人という事になります。次に、シティカードの中では一般的なサラリーマン世帯で最もよく使われているエリートカードのポイントプログラムについて見てみましょう。

エリートカードで支払った場合、通常ショッピング(1回払い・2回払い・ボーナス払い・分割払い)では100円に付き2ポイント、リボルビング払いで100円に付き3ポイント、ボーナスリワードプログラム年間50万円~2,500ポイントが付加されます。

これらで獲得したポイントは有効期限がないので、期限を気にせず少しずつ貯めていける為、効率よく使えるポイント制度です。こうしたポイントもゴールドカードなら100円に付き3ポイント、プラチナカードなら100円に付き4ポイントとお得感が増え、自分のステータスにあったカードを選択して豊かな生活を送りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:シティーカード

このページの先頭へ