デルタ航空機は、シートなどサービス面の改善が図られており、長時間のフライトでも乗客が楽しめるように工夫されています

デルタ航空は、アメリカ合衆国のジョージア州アトランタに本拠地を置く、今では世界第二位の航空会社です。
デルタ航空はアメリカからヨーロッパや中南米への路線が充実していて、日本路線はあまり運航していなかったために、日本ではなかなかなじみのない航空会社でした。

しかし、2010年に太平洋路線が非常に充実させ、日本でもおなじみであったノースウエスト航空と経営統合したことで、デルタ航空の尾翼を日本でも目にする機会が一気に増えました。

加えてアメリカ本土やホノルル、グァム、サイパンといったリゾート路線、アジアの主要都市へのフライトで利用する日本人も増えたために、日本でもメジャーな航空会社となりました。

ではそんなデルタ航空が保有している航空機はどのようなものがあるかというと、アメリカ製の小型機から大型機までさまざまな航空機が使用されています。
日本路線ともなるとフライト時間も長時間になるので、比較的大型の航空機が使用されています。

また、日本からグァムなどへの短距離の路線へは、アメリカ国内線で使用されるような小型の航空機が日本をベースとして、運航されており、また、ノースウエスト航空との経営統合により、ノースウエスト航空の機材も順次、デルタ航空の機材として、就航しています。

デルタ航空機の機内も順次、シートなどサービス面の改善が図られており、長時間のフライトでも乗客が楽しめるように工夫されています。
このように需要と供給に合わせて、機材を使い分けているといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:デルタカード

このページの先頭へ