デルタ航空は、世界第二位の世界でも有数の航空会社

デルタ航空は、アメリカ合衆国のジョージア州アトランタに本拠地を置く世界でも有数の航空会社です。

日本にも多くの旅客便を飛ばしており、成田国際空港や関西国際空港、中部国際空港や福岡空港からアメリカ本土の主要な都市への直行便や、ホノルル、サイパン、グァムといったリゾート路線、あるいはアジアの主要都市へ定期便を運航しています。

拠点としている空港は、本拠地のあるアトランタ国際空港のほかに、シンシナティ空港、デトロイト空港、メンフィス空港、ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港、ソルトレイクシティ空港などです。

2010年にノースウエスト航空と経営統合を行ったことにより、ノースウエスト航空の拠点空港であったオランダのアムステルダム・スキポール空港や日本の成田国際空港も拠点空港として加わりました。

そのため、日本でも一気に馴染みのある航空会社となりました。
またこの経営統合により、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空が経営統合するまでは、世界で一番大きな航空会社でした。

今では世界第二位となっています。
もともと、アメリカからヨーロッパや中南米への路線が充実している航空会社なので、単にアメリカに行くためというわけではなく、中南米への乗り継ぎとしても便利に利用することができます。

また、デルタ航空は航空連合のひとつでもあるスカイチームの創設航空会社のひとつでもあり、中心的な航空会社です。
これからも世界の航空業界をリードしていく航空会社です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:デルタカード

このページの先頭へ