デルタ航空の機内食は、路線ごとにそれぞれ異なる機内食を用意されワインやビールも無料サービスも特徴的です

飛行機のサービスの中で、最も航空会社各社が力を入れているのが、機内食ではないでしょうか。

デルタ航空の機内食について見てい行くと、デルタ航空は、日本と北米を結ぶだけでなく、日本とアジア各地を結ぶ便も運航していますが、よって、路線ごとにそれぞれ異なる機内食を用意してあります。

例えば、日本と北米を結ぶ路線では、有名シェフ監修による機内食が提供されており、それ以外にも和食も北米線では提供されています。

そのメニュー内容は頻繁に変更されておりますが、和食では、鶏肉をグリルして、それを柚子胡椒の餡で味付けした料理が好評で、口コミにもなっています。
ここで機内食のポイントというのが、餡です。

機内というのは、地上よりもずっと乾燥していますが、地上の湿度が50パーセント程度だとすると、飛行機の中はその10分の1の5パーセント程度です。
おしぼりを置いておくと、数十分後にからからになるほどなので、食材にも保湿性の高い餡をよく使います。

また、機内食のステーキの場合には、サーロインではなく、フィレ肉が選ばれています。
機内で最終的な加熱をするということで、厚みがあり軟らかさとジューシーさを保つには、フィレ肉がベストなのです。

エコノミークラスの機内食も、そのような工夫がされており、比較的餡をかけたりする料理が多いです。
さらに、多くのアメリカ系航空会社でアルコールが有料なのに対して、デルタ航空では、ワインやビールも無料サービスと利用者には嬉しい限りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:デルタカード

このページの先頭へ