シティバンクに預金してダイナースクラブカードを取得する

シティバンクでは、月間平均総取引残高で外貨部分が20万円以上、あるいは合計で50万円以上でないと、口座管理手数料を取られます。

預金残高によって待遇が変わる事を明示している銀行で、邦銀よりはっきりしていいという人と、顧客を区別するのはどうかと考える人が居ますが、前者の考えで割り切る人には非常に使いやすい銀行です。

1000万円以上の預金残高ですと、シティゴールドという扱いになり、これになると、各種手数料が非常に安くなります。

例えば手続きがやや必要ですが、海外への送金手数料が無料になり、さらに、シティゴールドになると、シティバンクに口座を持つ事のメリットを十分に得られるでしょう。
シティゴールドの方には、シティカードのゴールドカードあるいはダイナースクラブカードの招待を受ける事が出来ます。

通常の申込でも審査を通れば取得出来ますが、シティゴールドを通じた方が、預金残高が多いという前提条件がありますので、審査の条件が多少緩和されるようです。
こちらの方法ですと、普通の審査では取得しにくいダイナースクラブカードを取得する事が容易です。

カードの表面にCitiGoldというロゴが入りますが、カードそのものの優待は変わりません。
シティゴールドを通じて取得したカードの場合、年間30万円以上利用すると、年会費が無料になるので、公共料金など生活の様々な面で使用し、クレジットカードによる支払いをすれば、この条件はクリアしやすいのではないかと思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイナースカード

このページの先頭へ