ダイナースのJALカードについて

ダイナースクラブは、アメリカを中心に全世界展開しているクレジットカードを運営している企業で、略称でダイナースと呼ばれています。
日本に進出した当時は、富裕層と言われる大企業の管理職や医師、弁護士などが客層として会員になっていました。

近年は入会のハードルが多少低くなりましたが、それでも一般的なゴールドカード以上の価値があると言われている上級カードとして認識されています。
日本で提携している会社の中には日本航空があり、JALカードの種類の中にJALダイナースカードがあります。

CLUB‐Aゴールドカードとビジネスアカウントカードの2種類で申し込む場合の資格は、日本に生活基盤があり、日本国内で支払いが可能、そして原則として27歳以上にならないと入会申し込みができません。

年会費は2014年7月1日以降に改定されて、本会員が30,240円になります。
このカードはポイントではなくマイルが加算され、飛行機のフライトではもちろんですがショッピングでもマイルを貯めることもできます。

通常は200円で1マイルですが、ショッピングマイルプレミアムに入会すると100円で1マイルとなり、特約店で利用するとさらに2倍のマイルがもらえます。
スーパーやコンビニ、ガソリン代、レストランなど、日常生活でもマイルを貯める事が可能です。

また、保険付帯なので国内外での旅行時も安心ですし、JALのサービスに加えて、空港ラウンジの利用やトラベルアシスタントなど、ダイナースクラブとしてのサービスも受けられます。ビジネスカードは公私の経費管理ができるカードで、会社のオーナーや医師などの自由業の方にもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイナースカード

このページの先頭へ