ダイナースカードは格式高い世界初のクレジットカード

ダイナースカードは、世界で初のクレジットカードであるだけに古い歴史と高い格式を持ち、且つ高い審査基準で有名な事から、数あるクレジットカードの中でも群を抜いてステイタス性の高いカードと言えます。

少し前までは、医師・弁護士・会計士など社会的地位の高い富裕層のみが対象とされていたので、取得するのは極めて困難というのは周知されている事でしたが、現在でもそのイメージは色褪せていません。

ダイナースにはゴールドカードは存在しませんが、ダイナースクラブカードという通常ランクのカード自体が他社のゴールド或いはプラチナカード級に匹敵する程の価値を持っていますので、審査基準も自ずとそれ相応の高さになります。

ただし現在の状況では、各社から実に多くのゴールドカードが誕生しており、しかもリーズナブルに手に入れられる商品も出ている事から、会員獲得の為に基準も全体的に少し緩められつつあります。

ダイナースカードもその流れに沿っており、以前は「持ち家保有」「勤続10年以上の役職者」「年齢33歳以上」等の条件がありましたが、現在ではこれら条件を全て満たしていなくても獲得できている方が多く現れています。ダイナースにはゴールドは無くとも、ダイナースクラブ・プレミアムカードと呼ばれるブラックカードが存在します。

このカードは招待制となっており、ダイナースクラブカード会員の中でも特に優良な顧客のみが得られる資格ですので、ただでさえ特別クラス扱いされるダイナースカード保持者の更に上へ昇華するという事になります。ダイナースカードは、誰もが憧れる世界トップクラスのカードであるという事は今も昔も変わりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイナースカード

このページの先頭へ