Edyをゲットしたら、早めにクレジットカード登録して準備完了

自分名義のクレジットカードを保有している場合は、Edyカードやアプリを手に入れたら、早速クレジットカードの登録手続きに移ります。
早めに手続きを済ませておくことで、急に利用したくなった機能が手続き不足により利用できないといったことを防げます。

電子マネーを頻繁に使う予定なら、基本的な手続きは早いうちに済ませておくことがポイントです。

たとえば、チャージをしたい場合、クレジットカード情報を登録しておけば、わざわざ電子マネー取り扱い店舗に出向いてチャージをお願いしなくても、インターネットやアプリケーションから簡単に手続きが行え、その場でチャージを完了させることができるのです。

もし、カード情報を設定していなかったら、すぐにはチャージをすることは難しいです。
なぜなら、設定手続きの後、カードの持ち主の確認などが行われるため、情報が反映されるまで少し時間がかかるからです。

つまり、早めに各種情報を登録しておくことで、その分早く、いつでもチャージが可能な環境が整うわけです。
チャージ用として設定できるカードと、設定できないカードがあるので、事前に自分が保有しているカードが設定可能かチェックをする必要があります。

早めに手続きすることで、たとえ設定できないカードだったとしても、あわてずほかのチャージ方法を模索する余裕が生まれます。
チャージをするたびに、カード情報を入力せず済みますので、事前登録がお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ