Edy機能つきキャッシュカードなら一石二鳥

クレジットカードは必要ないけれど、電子マネーは持っていたほうが便利という生活環境なら、Edy機能つきのキャッシュカードがお勧めです。
キャッシュカードは、クレジットカードとはまったく別のものです。

クレジットカードのように、お金を支払ったり、借り入れたりすることができませんが、開設している自分の銀行口座から引き出したり、口座に預け入れしたりすることができます。
わざわざ銀行窓口に出かけて、本人証明を行う必要がなくなるカードです。

お金を使う前提で持つことになるクレジットカードとは異なり、持っていても必要以上にお金を使う心配はないカードといえます。
銀行口座を保有したら、通帳の代わりに口座管理ができる役割を担いますので、一枚は持っておいたほうが便利です。

さらにEdy機能つきのタイプを選ぶと、チャージした金額分だけ使える、電子マネーのお財布の役割も果たしてくれるため、Edy機能つきのキャッシュカードを保有すれば一石二鳥になります。

クレジットカードのように後払いしたり、分割したりすることが苦手という場合ならなおのこと、電子マネーと口座管理がセットになったカードが役立ちます。

ちなみに、申し込み手続きもクレジットカードほど面倒ではありません。
クレジットカードの場合は通常、手続きや申し込み審査に手間や時間がかかり、残念なケースでは、カード発行されないことがありますが、銀行口座用のカードはその心配がなくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ