カードリーダーでEdyの使いやすさを体感

電子マネーは、カードタイプやモバイル端末を用いて、店舗に設置してある専用の読み取り機械などを利用して決済処理されます。
専用の読み取り機械は、スタッフが常駐しているショップのレジのほか、自動販売機などにも広く導入されてきています。

インターネット上でも利用できるショップが増えていますが、この場合専用の読み取り機械がなければ、いくらEdyカードやアプリを保有していたとしても決済処理ができませんので、カードリーダーを手に入れれば、インターネットショッピングでもEdy決済を簡単に行うことができるのです。

カードリーダーとは、電子マネーを決済するときに必要なものなので、一つ所有しているだけで店舗に設置されている機械を利用せずとも、自分が持っている電子マネーが現時点でいくら残っているかという残高チェックができるほか、チャージ手続きもできます。

また、リーダーの機能によっては、電子マネーが利用できるショッピングサイトを教えてくれたり、調べることも出来るので大変便利です。
送られてきたお金を受け取る手続きも、リーダーを持ってさえいれば、自宅でいつでもできます。

高性能、多機能なパソコンの場合は、最初から機能の一部として電子マネー専用のリーダーが導入されていることもめずらしくありませんが、ない場合でも外付けリーダーを購入すれば利用可能です。

モバイル端末の電子マネーもチェック対象ですので、モバイル通信をせず、パソコンのネット環境で各種手続きができるので通信費が削減もできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ