EdyカードとEdyアプリとを扱いやすさで比較する

電子マネーの使い方は、それぞれ異なります。
たとえば、電子マネーを使うためにはカードが必須と思われていますが、中には、物的なツールが必要ない電子マネーもあります。

物的なカードやモバイル端末といったものが必要なく、決済処理ができる電子マネーは、インターネット上のみでやり取りされます。

カードやモバイル端末が必要なタイプは、インターネット上だけでなく、レジや自動販売機など、対面式でやり取りする決済シーンにも対応しているので、物的なツールが必要ない電子マネーよりも使えるシーンが多いといえるので、カードやアプリタイプで電子マネーを使用したほうが、いろいろな場所で使えるわけです。

EdyカードやEdyアプリでは、どちらが良いのか悩むことがあります。
比較する際のポイントは、扱いやすさです。
Edyアプリに対応している携帯電話を持っていたとしても、操作が難しかったり、扱いに慣れなかったりする不安があるなら、Edyカードを選んだほうが無難です。

Edyアプリには、初期と比較するとますます高度な機能が追加されています。
高度さが扱いやすさに相当するかは、人それぞれですので、シンプルに使いたい場合は、Edyカードのほうが適しています。

レジでチャージや残高照会が可能ですので、カードであっても不便なことはありません。
専用の機械が設置された施設も登場しているので、専用機械を利用すれば人を介さずともチャージやギフト受け取りが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ