Edy機能付きカードは、いくつかの種類に分かれます

Edy機能付きカードは、いくつかの種類に分かれます。
それぞれがメリットを持っているので、現在どんなカードを持っているか、自分がどんなカードを今後増やしたいかを考えながらチョイスすると無駄のないカード選びができるでしょう。

Edy機能付きカードには、会員カードやポイントカードタイプのもの、キャッシュカードタイプ、クレジットカードタイプがあり、会員カードやポイントカードは、どちらも同じような枠付けになっています。

お気に入りのショップやカフェの会員になり、会員特典を手に入れたついでにEdy機能つきのカードを選択すれば、ショップやカフェ通いをするだけポイントを獲得することができるのです。

また、キャッシュカードはシンプルなカードといえますが、会員カードやクレジットカードと違って常に持ち歩く確率が高く、紛失したり落としたりしても他のカードほど慌てずに済むカードでもあるので、Edyを初めて利用し始める場合には、安全面でもお勧めすることができます。

そして、クレジットカードの場合は、支払いをこれ一枚にまとめることができる点が最大のメリットといえるでしょう。
クレジットカード機能がある上に、Edyの支払いにも対応しているからです。

デメリットとしては、申し込み時の審査に時間がかかることや、選んだクレジットカードの種類によっては年会費がかかることなどがありますが、年会費については無料のものもあるので比較することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ