いつでもアクセス可能なEdyカードの販売窓口

今までは、Edyカードを手に入れられる販売窓口というと、身近なところでは限られてしまうことが多かったのですが、インターネット上の販売窓口の普及に伴い、いつでもカード申し込みが可能になりました。
実店舗でしたら、コンビニエンスストアが一番身近といえるでしょう。

コンビニエンスストアは、24時間年中無休であることが多いので、インターネット上の申し込み窓口と同様に、夜中であれ早朝であれ、好きな時に店舗を訪れカードを購入することができます。

次に、いつでもアクセスできる窓口としては、比較的長い営業時間のカフェが挙げられます。
この場合、カフェ独自のEdyカードしか取り扱われていませんが、Edy決済ができるお店すべてで利用できるEdy機能付きの会員カードです。

また、インターネット上で申し込みできるEdy機能付きカードは、種類の多さがメリットです。
好きなカードを選べて、好きな時にオンライン申し込みができます。

実店舗の窓口で購入できるカードとは違い、クレジット機能が搭載されたカードも簡単に申し込みすることができます。
カード申し込みだけではなく、申し込み書類の取り寄せも、いつでもインターネット上で手続きが可能です。

インターネット上で申し込みすることができないカードは実店舗に出向くしかありませんが、その場合は審査などがなく、その場ですぐ手に入れられます。
書類を提出したり審査が必要なカードはインターネット上の窓口が多く、すぐに手に入るカードは、実店舗での取り扱いが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ