鬼太郎Edyカードは愛着の湧くデザインで、カードケース付きでご自分での使用やギフトにもお勧めできます

プリペイド型の電子マネーの1種であるEdyカードは、Edyマークの付いた端末にタッチするだけでスピーディかつ簡単な支払を可能としたお買い物にとても便利なカードです。
第四の通貨になってほしいという思いから、ユーロ(Euro)、ドル(Doller)、円(Yen)それぞれの頭文字をとって「Edy」と名付けられています。

使用の際には、カードに入金手続きであるチャージを行い、支払う、この2つの繰り返しで何度でも使え、チャージした金額分だけ使えるので使い過ぎも防げる安心仕様です。
カードだけではなく、携帯電話やスマートフォンでも、おサイフケータイ対応ならばEdy機能が使えます。

また、珍しいものでキーホルダーや時計にEdy機能を付けたものも販売されています。
これらはお店だけでなくネットショッピングにも使用できますので、日常のいろんな場面で便利かつスマートに活用できます。

そして、カードのデザインにはいくつか種類もあり、中には水木しげる氏による日本の漫画作品「ゲゲゲの鬼太郎」から「鬼太郎Edyカード」も販売されています。

このカードは、鳥取県に本社を置く山陰信販と楽天グループの楽天Edyが提携して発行され、カードには主人公である鬼太郎や目玉おやじ、ねずみ男、一反もめん、ぬりかべ、そして、キャラクターがたくさんデザインされたファミリーの計6種類から水木しげる氏の原画をもとに作られています。

それぞれのデザインがなされたオシャレなカードケース入りですので、ご自分での使用や実用的なギフトカードとしてもお勧めできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ