Edyが使えるスーパーで電子マネーを日常に取り入れる

電子マネーの利用者数は年々増加しています。
電子マネーの仕組みは、事前にお金をカードに入金しておき、利用の度にそのお金が減少していきます。

お金が足りなくなれば、新たにチャージすることで繰り返し使えます。
利用方法も簡単で、電子マネーを読み取り機にかざすだけで買い物ができるので、今までの様に財布を取り出して紙幣や硬貨を店員に渡し、お釣りを受け取ってから商品をもらうといった煩わしさがありません。

電子マネーには、スイカやナナコ、ワオンなどおよそ10種類ほど出回っていますが、その中でも路面店、インターネットサイト併せて約35万箇所の加盟店を持つEdyが便利です。

Edyは2012年に楽天Edyに名称が変更され、楽天Edy株式会社が発行している楽天スーパーポイントが貯まる電子マネーです。楽天Edyを始める方法はいくつかあり、Edyカードの購入、Edy機能付き楽天カードを申し込む、また、おサイフケータイやアイフォンにアプリをダウンロードする事でも使用できます。

ほとんどの人が食料品を中心とした日常の買い物にスーパーマーケットを利用していると思いますが、Edyが使えるスーパーマーケットはイトーヨーカドーやピアゴ、やまや等日本全国の主要なチェーン店が加盟しています。
また、コンビニエンスストアの全てにおいて使用可能なので非常に便利です。

楽天Edyで貯まったポイントは、楽天市場でのショッピングで1ポイント1円分として使えるので無駄になりません。
Edyが使えるスーパーや店舗は多数存在するので、日常生活に電子マネーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ