楽天Edyカードとはクレジットやキャッシュカードなどでも機能を使える手軽で便利な電子マネーです

楽天Edy株式会社は、東京都品川区を本社として所在し、2001年にソニーグループ、トヨタ自動車、NTTドコモ、KDDI、デンソー、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行といった通信、家電、自動車、金融など11社の日本の代表企業からの出資により、ビットワレット株式会社として設立された会社です。

おサイフケータイから、ANAのポイントの付与や電子マネーの発行などを取扱って大きなシェアを持ち、2009年に楽天株式会社の連結子会社となりました。
2012年より、楽天Edyとして名称が変更されています。

現在は会社名そのものの電子マネーも発行しており、楽天Edyカードとは、クレジットカードの後払い・つけ払いの様な、支払後にまとめて金額が請求されるものとは正反対の前払い式プリペイド型になります。

形状は基本となるカード型から、おサイフケータイ対応の携帯電話アプリ等によるモバイル型、珍しいものではディズニーなどキャラクターもののフィギュアからストラップ、リストバンドに搭載されたものが発行されています。

これらの機能を使う為にそれぞれの形状にFelicaチップが埋め込まれ、それによって形は違えども同じ機能の利用が出来る様になり、それぞれの個性に合わせた普及が可能になりました。

機能はチャージして支払うというシンプルなものですが、現金でのお買い物よりもポイントが付き、クレジットカードやキャッシュカード、社員証や学生証に至るまで、一つにまとまって発行がされる点も魅力である電子マネーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:Edyカード

このページの先頭へ