制度改正に伴いエネオスカード年会費は2年目以降は徴収します

エネオスは、現在選べる3タイプのカードが登場しています。
そのカードが登場した理由は、以前使用されていたエネオスカード(三菱UFJニコス発行)が、2010年10月から年会費制度及びキャッシュバック特典が変更となったからです。

ニコスから発行されていた時のエネオスカード年会費は1,312円で、年1回以上のショッピング時の利用で翌年も年会費が無料となっていましたが、制度改正に伴い年会費無料条件が廃止されました。

制度変更後1年間は年会費無料条件が適用されていましたが、2011年10月より利用金額に関わらず無料ではなくなっています。
現在エネオスで推しているカードは、トヨタファイナンス発行の3つカードです。

3つのカードのうち、S(スタンダード)のみ、エネオスカード年会費の1,312円は入会特典により初年度無料、翌年からは年1回以上の利用で無料になります。
他のC(キャッシュバック)、P(ポイント)は初年度は無料ですが、翌年からは年会費1,312円の支払いが適用となります。

それぞれのライフスタイルによりどのカードに加入するかは自由ですが、年会費無料を継続したい場合はスタンダードを使用するのが良いでしょう。
また、カードの切り替えはカード発行会社が違う為、自動的に切り替わる事はありませんので注意が必要です。

エネオスカードC、P、Sのいずれかに申込み、新しいカードが手元に届いてから、エネオスカード(三菱UFJニコス)の解約手続きをご自身で行う事になります。
カード加入時には付帯サービスも様々ありますので、サービス内容を熟知した後のご加入をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エネオスカード

このページの先頭へ