地球に優しいエネオスのバイオガソリン

現代の私達の生活と自動車の関係は密接で、なくてはならないものになっていますが、自動車の走行量が増加すると問題になってくるのが排気ガスを大気中に排出することで、発生する二酸化炭素量の増加に伴う地球環境の破壊です。
この問題をどう対処しているのかエネオスに着目してみましょう。

エネオスでは、従来のガソリンとバイオETBを配合した「バイオガソリン」を導入しています。
バイオETBとは、トウモロコシやサトウキビ等の植物から生産されるバイオエタノールに石油系のガスを合成したものです。

このバイオETBの利点は、原料となる植物が光合成により二酸化炭素を吸収することから、燃焼によって二酸化炭素を排出しても、大気中にある二酸化炭素の総量を増加させないという効果がある点で、このサイクルによって、地球温暖化に貢献出来るとエネオスは考えています。

バイオエタノール燃料は、日本政府の環境対策の政策としても今後どんどん増やしていくとの見通しが立っていて、地球温暖化の緩和に向けての取り組みの担い手となっている活動の一環に目を向けて、選択肢の一つに加えてみるのも良いかもしれません。

バイオガソリンは、ハイオク、レギュラー共に対応していますし、また、通常のものと混ぜて使用しても問題がなく、価格も通常と同等です。すでに切り替わっているスタンドもありますので、給油の際に確認してみると良いでしょう。
そして一度試してみて、走行具合を確認することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エネオスカード

このページの先頭へ