価格競争の中で企業努力に励むエネオス

ガソリンの価格が上がっています。
多くのガソリンスタンドでは、リッター単価1円刻みの激しい価格競争が繰り広げられており、大手サービスステーションのエネオスも例外ではありません。

近ごろではセルフサービスのスタンドも多くなり、少しでも安く給油するために、単価の安いセルフスタンドを選ぶ消費者が増えています。
スタンドでのガソリン価格は地域により大きく差がありますが、消費者としては少しでも安く給油したいものです。

その方法として、セルフサービスのスタンドをそのスタンドが発行している会員カードで利用するという方法があります。
それにより単価が大きく異なるので、長期的に考えるとお得になります。

さらに、Tカードなどのポイントカードを導入している店舗を選ぶ方法があり、その際、支払いもクレジットカードにすることでポイントカードとクレジットカードの両方にポイントが付きます。

その場での現金値引きではありませんが、貯めたポイントで後々ガソリン代を支払うこともできます。
エネオスでは、エネオスTカードというTポイント機能付きのクレジットカードを発行していて、こちらはカード1枚で支払いが済むので大変便利です。

その他にも、スタンドが提携しているショップのレシートを提示すると単価を下げるなどのサービスを行なっているスタンドもあります。
インターネットのクチコミによるものなどで情報収集に努めることが、節約のカギとなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エネオスカード

このページの先頭へ