エポスカードには、事前手続き不要、自動付帯の海外旅行傷害保険がついています

エポスカードには海外旅行傷害保険が付帯していますが、これは、海外旅行を目的に住居を出発してから、自宅に帰宅するまでの間に、偶発的に生じた外的要因(事故など)によって障害を負った際に補償を受けることができるというものです。

付帯条件は、海外旅行への出発前に届けや手続きをする必要なく受けることができる、自動付帯となっています。
具体的な内容は以下の通りです。

海外旅行中の事故によって死亡したり後遺障害を負った場合に補償される「死亡・後遺障害」の補償金額は、最大で500万円となっており、海外旅行中の事故によって障害を負った際に治療費を補償する「障害治療費用」は1事故につき最大200万円となっています。

同じく、海外旅行中の病気による治療費を補償してくれる「疾病治療費用」は、1事故につき最大270万円となっており、海外旅行中に誤って他人を負傷させたり、他人の物品に損害を与えてしまった際に補償される「賠償責任」は、1事故につき最大2000万円と設定されています。

海外旅行中の事故や病気による死亡や入院の際に家族が現地に赴く費用及び、遭難に遭った際の捜索費用を補償してくれる「救援者費用」は1旅行につき最大100万円の保険がかけられています。

海外旅行中に身の回り品に損害を受けたり盗難にあった際に、その損害を補償してくれる「携行品損害」は、1旅行につて最大20万円です。

また、これらの保険の補償期間は1旅行につき最長90日間となっているので、海外旅行に行く際にはクレジットカード付帯の保険で済ませるか、別途専用のものに加入するか検討をすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ