海外でエポスカードを紛失しても安心して電話連絡をすることが可能です

エポスカードの紛失や盗難に気がついた際には、直ぐにエポスカードに連絡をしてカードの利用が出来ないように利用を停止する処置を取る必要があります。
カードの機能を止めるのは、他人の不正利用を防ぐためだけでなく、個人情報の流出を防ぐことも目的です。

紛失や盗難の場合は、問い合わせを行うコールセンターではなく、専用の窓口に連絡をすることになります。

受付センターでは、年中無休で24時間、トラブルの対応に応じていますから、例え夜遅くにカードが無くなっていることに気がついても安心して連絡を取ることが出来ます。
カードが手元にないことで焦りや不安が募るかもしれませんが、連絡をする際には落ち着いて担当者の指示に従って下さい。

エポスカードでは紛失や盗難の届けがあった日を含めて、61日前までさかのぼってそれ以降の不正利用による損害金を全額補償しているので、大きな不安にかられる必要はありません。

万が一、海外旅行中や海外出張先などでカードを無くしてしまった場合にも、受付センターに通話料無料で連絡をすることが可能です。
滞在している国によってワールドフリーフォン番号は異なりますから、出発前に確認しておくと万が一の事態にもスムーズに連絡が取れます。

国によってはワールドフリーフォンに対応していない地域もありますから、その場合はコレクトコールにて連絡するするようにして下さい。
その際には、担当者にコレクトコールである旨を伝えるのを忘れないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ