エポスカードの暗証番号はいつでも変更することが出来ます

エポスカードは発行元のマルイ各店だけでなく、街やネットショッピングのVISA加盟店でも使えるカードです。
ICチップが搭載されているクレジットカードですから、IC端末を設置しているVISA加盟店では、サインではなく暗証番号の入力を求められることがあります。

これは申し込み時に決めた4ケタの数字ですが、誕生日や電話番号など他人に推測されやすい番号を避ける必要があるために、忘れてしまうケースも耳にします。

ショッピング時はサインに切り替えることで清算することが可能ですが、キャッシングの利用時やエポスカードATMの利用時などは番号を入力しなければ、これらのサービスを利用出来ません。

暗証番号を忘れてしまった場合には、エポスカスタマーセンターに連絡をすることで対応してもらえます。
この番号は大切な情報ですから、口頭で伝えることはせずに、登録している住所宛に番号が書かれた書類が郵送されます。

もし、引越しをしている場合にはその旨を伝えて、新しい住所へと送付してもらうように手続きをすることが必要です。
また、一度決めた暗証番号を後から変更することも可能です。
変更手続きはマルイ各店のカードセンターで受け付けています。

その際には、番号を変更したいエポスカードと本人確認が出来る書類を持参する必要があります。
マルイの店舗が近くにない場合には、エポスカスタマーセンターに連絡をして相談することで解決方法を教えてもらえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ