エポスカードは、海外でのキャッシングが魅力

マルイのクレジット機能付きカードであるエポスカードは、キャッシングも可能です。
1000円から1000円単位で借入ができ、金利は年率18パーセントとなっています。
この金利は日割計算ですので、計算方法としては、元金残高に18パーセントをかけて借りている日数をかけ、それを365日で割ることになります。

キャッシングの場合、無利息期間を設けているカードもありますが、エポスカードの場合は1日目から金利が付いてきますので、その点に注意が必要です。

また、ATMでの出し入れになりますが、エポスのATMでしたら手数料がかかりませんが、提携しているコンビニの場合、105円や210円といった金額がかかってきますので、その点も併せて注意しましょう。

国内で利用する場合には便利ですが、海外での利用でも便利に出来ています。
空港や駅などのATMで使えますし、何といっても現地の通貨で出てきますので、日本から現金やトラベラーズチェックで持っていって、両替をする手間を省くことができます。

海外で利用した場合の支払い方法については、日本円に換算して行われます。
そのレートは、〆の時点や利用した当日のものではなく、エポスのセンターに利用したというデータが届いた時点でのレートになります。

このように、支払さえ滞ることがなければ便利なシステムですが、幾らまで利用できるのかという点は申込み時点で決まってきます。
カードの利用がよくされていて、支払もきちんとされている場合、エポスの側から利用枠が拡大したというお知らせが届くというシステムです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ