エポスカードは支払いが遅れると延滞手数料がかかる場合があります

エポスカードは、マルイをはじめとするVisaマークのある店舗で使えるカードで、携帯電話料金や公共料金などの支払いができ、コンビニエンスストアや銀行、駅などではキャッシング利用も可能です。海外旅行のサポートも充実しており、マルイ各店のカードセンターなら旅行の出発前でも即時でエポスカードが作れます。

また、当然ながらマルイ店舗や通信販売にも使え、ショッピングで利用の際はエポスポイントが貯まります。
支払いはリボ払い、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いといった様々な方式があり、例えば1回払いで購入した物であっても、後からリボ払いに変更することも可能です。

そして、「口座引き落とし」と「持参払い」のどちらかが選べ、持参払いの場合はエポスATMやローソン・ミニストップ、三菱東京UFJ銀行ATM、マルイ各店カードセンターで受け付けており、口座引き落としは会員が指定する預貯金口座からの支払いとなります。

更に、余裕がある月には来店による増額払いや全額払いが可能で、口座引き落としの場合でも、リボ増額引き落としができるといった利便性もあります。しかし、支払日を忘れてしまったり、口座が残高不足で引き落としができなかったりすると、引き落としできなかった旨などの書面やハガキが届くことになりますので注意しましょう。

公式サイトでは、支払いが遅れた際には延滞手数料が加算される場合があると記載されています。また、ハガキなどが届くと、状況によっては支払いが確認できるまでの間はカードが利用できなくなることもありますので、延滞が生じないように支払日や口座の残高はしっかりとチェックすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ