エポスカードの種類は豊富で、キャッシング機能もあります

エポスカードは、旧マルイカードの赤いカードの後継として登場したカードで、国際ブランドVISAのマークが付いています。
カードの種類は豊富で、まず、入会金・年会費無料の「エポスカードVISA」が一般カードに当たります。

続いて、通常年会費5,000円のゴールドカードは、貯まったポイントが有効期限のない永久ポイントとして使えるカードで、国内の14空港と海外2空港のラウンジを無料で使用する事が出来ます。

また、通常年会費の5,000円については、年間利用金額が50万円以上であれば翌年以降の年会費は永年無料となります。

ゴールドカードよりランクが高いカードには、入会招待制で年会費20,000円のプラチナカードがあり、「プラチナグルメクーポン」や「プライオリティ・パス」への無料登録など、プラチナカードならではの優待サービスが受けられます。

他にも、70種類以上ものデザインが用意された「デザインカード」や、提携カードの「コラボレーションカード」などがあり、どちらも年会費は無料となっています。
これらエポスカードにはキャッシング機能も付いており、利用可能枠の範囲内であれば、何度でもキャッシング利用が可能です。

この利用可能枠は、インターネット会員サービスの「エポスNet」(事前無料会員登録が必要)でいつでも確認が行え、キャッシング利用可能残額については、ATM利用時にその場で確認出来るようになっています。キャッシングを行う際は1,000円から1,000円単位での利用となり、金利は実質年率18.0%です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ