エポスカードを再発行する場合の手続き注意点について紹介します

入会金や年会費が永年無料のクレジットカードとして知られているエポスカードですが、様々な理由で再発行を行う場合の手続きや注意点について紹介します。

まず、結婚などで名前が変わった場合の手続きは、エポスカスタマーセンターに連絡をすると必要な書類が送付されるので、必要事項を記載した上で返送すれば10日から2週間で新しいカードが届きます。

また、カード種別によってはマルイ各店のカードセンターでも手続きが可能となっているので、新しい名前の本人確認書類とカードを持参して下さい。
なお、引き落とし口座の名前も変更した場合には、口座の登録手続きを再度行う必要があります。

カードを紛失してしまった時の手続きですが、すぐにエポス紛失受付センターに連絡をするとともに、最寄りの警察署や交番に届け出ましょう。
紛失受付センターに電話をした段階でカード無効の手続きが行われるので、電話をした後なら不正使用される危険はありません。

ただし、紛失した場合に再発行をした時には、古いカードは無効手続きを行なっているためカード番号が変更になります。したがって、古いカードがもし見つかった場合でも利用が出来ない上に、公共料金などの引き落としをエポスカードで行なっていた場合には、カード情報の変更手続きを行わないと正常な支払が出来ない点に注意が必要です。

各種の再発行手続きの詳細についてはエポスカードのホームページにも記載されているので、再発行をする必要がある場合には確認しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エポスカード

このページの先頭へ