ETCカードの作り方はクレジットカードと同時に、または追加で発行の手続きをとる方法があります

ETCとは自動料金収受システムのことで、車に取り付けた車載器と、有料道路に設置されたアンテナが無線通信することによって、自動車を料金所で止めることなく有料道路の料金を支払うことができるシステムです。

ETCの導入により、有料道路の中で最も渋滞するといわれている料金所での支払いをスムーズに行えるため、渋滞の緩和や徴収に伴う人件費の削減、排気ガスの軽減など、多くのメリットを生み出しています。
現在では、ほぼ全国の有料道路で使用できるほど普及しました。

ETCを利用する際に必要になるのが、ETC車載器とETCカードで、このカードを使って、有料道路の料金をカード会社に支払うことになります。
有料道路の料金を一時的に借り入れることになりますので信用が必要なため、現状はクレジット会社がほとんど発行に関わっています。

また、カードの種類には単体型と一体型というものがあり、単体型はETC専用のカードで、一体型はクレジットカードと一緒になったカードです。
作り方は、クレジットカードをすでにお持ちであれば、追加としてネットや電話などで申し込むことが出来ます。

現在クレジットカードをお持ちでない場合は、クレジットカードの申し込みからはじめて、それと同時に発行の手続きをとる方法が簡単です。
申し込み後審査があり、審査が通るとETCカードが発行されます。

多くのカード会社で扱っていますが、年会費や発行手数料がかかるものがあったり、サービスや特典もカード会社によって違いが多くあるので、比較して検討することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ