ETC一体型カードのメリットとデメリットについて

高速道路の割引など、メリットのあるETCの導入を検討している人の中には、クレジットカードの機能も付いている、ETC一体型カードを作ろうかと考えている方もいるのではないでしょうか。
そこで、ここではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。

まず、メリットとして挙げられるのは、持つカードが少なくて済むという点が挙げられ、あまりたくさんのカードを持ちたくない方にお勧めと言えます。
また、ETC単独の機能カードの場合、車に入れっぱなしにしがちですが、実は入れっぱなしというのは大変危険が大きいものです。

しかし、一体型の場合はクレジット機能もあることから、入れっぱなしは危険という意識が働き、車から降りる時は必ず抜くようになるというメリットもあります。

次に、ETC一体型カードのデメリットとしては、万が一抜き忘れて車を降りてしまうと、買い物などでクレジットカードで支払いをしようとした時に、車まで戻らなければならないという点が挙げられます。

また、車は家族が使う際に、自分はクレジットカードを持って買い物に行きたいような場合、どちらかが使えなくなってしまうというのもデメリットの1つと言えるでしょう。

このように、ETC一体型カードにはメリットとデメリットの両方の面がありますので、作る場合にはライフスタイルや、ETCとクレジット機能それぞれの利用頻度などから、自分に向いているかどうかよく考えた上で申し込むようにすることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ