ETCカードには、大きく分けて2種類あります

ETCカードには、大きく分けて有料道路の通行料金清算だけの機能を持つ専用カードと、クレジットカードの機能がセットになっている一体型カードの2種類があり、有料道路を走行時には、どちらのカードも車載器に挿入して利用します。

そして、両方のカードには利用走行時に通行料の額によってポイントが貯まる、マイレージサービスいうものがあります。
一体型カードとは、一般のクレジットカードとETCカードの機能を持ち合わせているカードです。

通行料金清算と買い物によるクレジット払いの両方が行えます。
カードによっては様々な特典も用意されていて、買い物でクレジットカードを利用した時には、ガソリン代の値引きやキャッシュバックをしてもらえたり、色々な景品に交換できたりもします。

カードを発行する会社によってそれぞれのサービスが用意されています。
クレジット会社が発行する一体型カードを持つためには、同時にクレジットカードを契約する必要があり、既にクレジットカードを持っている場合には必要ありませんが、新規で契約する場合には一定の審査を必要とします。

クレジットカードを作るのに抵抗がある人や、何らかの理由で契約ができない人には、ETCパーソナルカードというカードもあります。

これは、高速道路会社が共同で発行するカードで、クレジットカードを契約せずに利用できるものです。
審査の代わりに預託金を納める必要がありますが、カード解約時には返金してもらえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ