ETC車載器を比較し違いを理解する

ETC車載器とは、車に取り付けることで車両の情報を読み取って、ETCレーンでの清算を行うための装置です。
メリットとしては、高速道路の料金所で止まらずに支払いができることで、多くの人がこの装置を設置することで、料金所付近の渋滞緩和に役立っています。

ただし、この装置を設置するだけで料金所を通過できるのではありません。
専用のカードを装置に挿入してはじめてノンストップで通過できるのです。
このETC車載器には種類がたくさんあり、比較すると次のようになります。

1つ目として、2ピースタイプがあります。
内部にアンテナが組み込まれており、ダッシュボードに装着するのが一般的です。
名前の由来は、本体とカードで構成されているために2ピースと呼ばれています。

2つ目として、3ピースタイプがあります。
2ピースタイプとは異なっており、こちらはアンテナ部分が本体と分離していて、アンテナさえ通信できれば良いので、装着場所の自由度が高いタイプです。
名前の由来は、本体とカードとアンテナで構成されているために3ピースと呼ばれています。

3つめとして、ビルトインタイプがあります。
文字通り車に埋め込まれているタイプで、車内を綺麗に見せたい人にとって人気が高いものです。

主に自動車メーカーから発売されていることが多いです。
以上のように、ETC車載器には種類があるので、一人一人の価値観により使い分けることができるように配慮されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ