何故、プリペイドカード式のETCカードは不便なのか

現在多くの都市において、電車を利用する時はICカードを利用するという認識が増えてきています。
これは、ICカードの利便性が多く受け入れられたからでしょう。
一番のメリットは、切符を購入する必要がないことです。

これと同じように、高速道路においてもETCカードというものが普及し、機械を取り付けていれば、料金をその場で支払う必要がなくなりました。
また、高速道路の料金が、このカードを持っていると割引料金で利用できるという特典も付与されています。

このように、料金支払いの手間が省け、割引になる便利なカードなのですが、ここで問題も発生してきました。
それは、ETCカードのプリペイドカード式のものは、とても制限が大きいということです。
電車の乗降時におけるICカードは、多くはプリペイド型のカードとなっています。

事前にカードに課金を行い、その金額内で電車を利用するというものです。
この仕組みのおかげで、紛失や盗難に遭った時の被害が最低限のものに抑えることもできます。

では、何故ETCカードの、プリペイドカードタイプのものは制約が大きいのでしょうか。
それは、高速道路の特徴から、支払い時のトラブルや犯罪を防ぐためと言われています。

高速道路の料金は一般の人には不明瞭であり、曜日や時間によって変動します。
そんな中、カードにお金が入っていないままゲートをくぐろうとすると、当然ゲートは開かずに車がぶつかってしまうことになります。

そのような事故を防ぐために、一般的にはクレジットカードタイプのものが普及しています。
支払いを自動で行える便利な世の中になりましたが、その中でもトラブルを起こさないように気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ