ETCシステムを利用してお得に高速道路を運転しよう

ETCシステムは、有料道路や高速道路の料金所などに主に設置されており、自動車に積んだ車載器と通信を行って自動的に料金が課金される仕組みのことをいいます。
ETCシステムを利用するには、自動車に車載器を積む必要がありますが、その車載器を通じて課金されたお金をカードで支払うためにETCカードが必要になります。

また、それを利用する場合は、料金所で車を止めることなく通過することができます。
料金所にはETC専用のゲートが設けられているので、ETCを利用する場合はそこを通過します。

ただし、ETCカードを車載器に挿入するのを忘れていた場合、ゲートを通過することができないので注意が必要です。
ゲートが開かず、後続車に迷惑を掛けることになります。

高速の入口などでは、ETCカードが挿入されていない場合は、それを知らせてくれる機能もあります。

また、一般の通行車は正規の有料や高速料金を支払う必要がありますが、ETCを利用している場合、時間帯によって通行料が割引されるなどのサービスを受けることもできるので、通勤などで頻繁に有料や高速道路を使用する人には、非常に便利でお得なシステムです。

なお、使用した通行料によってカードにポイントが還元されるなどの特典もあります。
ただETCを使用していただけで気づけばポイントが貯まっていた、ということになるのです。

しかし、車載器などは自身で購入する必要があるので導入コストがかかるデメリットがありますが、割引や特典などのメリットを考慮すれば、ETCシステムを使用するメリットの方が明らかに大きいと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ