料金所ではETCカードを忘れずに

以前までは、高速の料金所では入るときに券をとり、出るときはお金を支払う、というのが当たり前のスタイルになっていました。

しかし、ETC、自動車料金収容というシステムができると、料金所で止まらなくても速度を落として通過できるためとてもスムーズで、お金を急いで用意する必要がないという点が魅力的で人気がでました。
今では新車を購入すると、付属品としてETCを付けるかどうか聞かれるようになっています。

それくらい当たり前のものになりつつあるのです。
政府が割引を始め、搭載されている車は休日は2000円で乗り放題という法律を決めたとき、カーショップではETCが飛ぶように売れ、長期休暇前だったためか駆け込みで購入して取り付けする人で、一時期は売り切れが多発しました。

今は乗り放題ではありませんが、決まった時間の何時までに入ったり出たりすると割引されるようになっています。
それでも、そのまま現金を払うよりかは安いので利用する人は多いです。
しかし、問題が無いわけではありません。

時速20キロ以下で走らないと、無線通信が間に合わないため料金所のゲートが開きません。
高速ではスピードをそれまで出していますので、急に20キロまで下げられないという人も中には存在するのが現実です。

そのため、ゲートが開かずに後続の車とぶつかってしまったという事故が発生しました。
また、カードが挿入されていなかったためにゲートが開かなかったというパターンも多くあります。
カード挿入は忘れやすいので、高速に乗る前には必ず確認しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ