ETCを利用すると高速料金の割引対象になり、上手に利用するとかなりお得です

ETCとは自動料金支払いシステムのことで、車両に設置された車載器にICカードを挿入し、有料道路の料金所に設置されている路側アンテナとの間の無線通信で、車両を停止することなく通行料金が支払える大変便利なシステムです。

国内の高速道路でもこのシステムが導入されており、インターチェンジの他にサービスエリアやパーキングエリアに設置されています。
車載器は市販されていますが、カードはクレジット会社が発行しています。

ほとんどのクレジット会社でカードを申し込むと無料で付いてくる場合もありますし、別途申し込んでも大丈夫です。
このETCを利用すると高速料金が現金で支払うよりも割引になる事が多く、車を利用する機会が多い方にはおすすめできます。

例えば深夜割引というのがあり、これは曜日に関係なく適応され、対象の高速道路を夜中の12時以降、早朝4時の間に利用すると、入口または出口で通過時刻を判定し、最大30%の割引が受けられます。

次に、平日限定になりますが朝夕割引というのがあり、これは対象の高速道路を朝の6時から9時と夕方17時から20時の間の通勤時間帯に利用すると割引になります。

月のうち5回から9回利用すると最大30%、10回以上利用すると最大50%の割引が適応されるので、車で高速通勤をされている方には大変お得なサービスです。
そして、休日割引もあり、これは対象の高速道路を土日祝日の0時から24時まで利用すると最大30%割引になるので、レジャーやお出かけの際に役立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ