ETC車載器はクレジットカード入会キャンペーンなどで負担額を軽減したり実質無料で手に入れたりすることができます

以前までは、高速道路の料金所を通過する際の時間が渋滞問題に少なからず影響していましたが、ETCの普及が渋滞緩和に大きく貢献しています。ETCとは電子式料金自動収受システムの略で、名前の通り高速道路料金の精算を自動化したシステムで、自動車に取り付けたETC車載器にETCカードを差し込むことによって利用できます。

車載器にはアンテナ一体型と分離型があり、これはETCカードを入れる本体と料金所ゲートと通信するアンテナが一つになっているか分かれているかの違いです。

分離型は、一体型と比べるとコンパクトではありますが設置コストが割高で、目立たない場所に設置できるため防犯性が高いとされており、音声案内タイプよりブザータイプの方が格安であるとされていますが、基本性能は変わりません。

車載器とセットアップ料金とETCカード合わせて2万円前後で取り付けることができるのが一般的で、以前は国の政策により車載器を無料で配布するというキャンペーンが行われたこともありましたが、現在では行われていません。

しかし、実質無料で入手する方法はあります。
近年では、クレジットカード入会キャンペーンなどを活用したポイントキャッシュバックなどを使い、負担額を軽減したり実質無料で手に入れたりすることができます。

例えば、通常の新規入会ボーナスに加えてキャンペーン期間中の特典ポイント、家族同時申込ポイント、期間限定利用ボーナスなどでポイントを貯め、そのポイントを利用して購入すれば可能になります。
これからETC導入を考えている人にはお勧めの方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ