ETCカードはクレジット会社で発行していますが、中には年会費永久無料のものもあります

日本国内の高速道路や有料道路の料金所に設置されている自動料金支払いシステムのETCは、生活の中で車を利用している人にとっては主流となってきています。
料金を支払うシステムにはETCカードが必要となり、各クレジットカード会社で発行しています。

最近は、クレジットカードを申し込むと自動的に付帯されていたり、簡単に申し込みができるカード会社もあります。
また、発行会社によっては年会費永年無料のところもあり、どこのカードが良いのか迷ってしまいます。

インターネットで検索をするとカード内容の比較をしているサイトがあり、年会費永久無料という条件で比べてみると人気のカードがわかります。
大手ネットショップで有名な楽天が発行している楽天カードは、クレジット機能付きのカードに電子マネーやETC機能も付いた大変便利なカードです。

ポイントの加算率も良く、ETCの利用では1%還元の他に高速道路で行っている様々な割引の対象になるのはもちろん、料金支払いのポイントも加算されるようになります。
また、ENEOSやJOMOのガソリンスタンドではガソリン代が2円以上割引になるため、1枚あればかなり便利に利用できる嬉しいカードです。

JCB EITカードは楽天カードと争うほどのお得なカードで、例えばETCカードで1,850円の利用だったとすると通常のカードは1,000円単位でポイントや何%を還元というところが多くありますが、ここのカードは利用代金1,850円分のポイントが付与されるようになります。よく見極めて、自分の用途に合ったカードを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ