ETCを使うには、クレジットカード発行会社でカードを作る必要があります

ETCカードは、高速道路や有料道路の料金所で停まらずに料金決済が出来るサービスで、手間が掛からないだけでなく、割引サービスも充実しています。
それは時間帯割引と言うもので、決められた時間帯や曜日で割引率が異なります。

このETCを使うにはカード発行会社でカードを作る必要があり、クレジットカードの追加カードとして申し込むので年会費が別に掛かります。

そこでお得にカードを作る為には、年会費が無料のカードを選ぶことをお勧めします。年会費無料のものにはライフカードとJCBカードが挙げられ、ライフカードは年会費が永久無料で誕生月利用でポイント5倍、1000ポイント貯めると5000円のギフトカードと交換可能なカードです。

付帯保険には、カードの盗難や紛失に備えた損害保険が付いています。
入会資格は18歳以上の電話連絡が可能な方で、ETCカードは最短6営業日での発行となります。一方のJCB・ETCカードも同じく年会費が永年無料で1000円で2ポイント付与、海外保険2000万円が自動付帯されるカードです。

カードのデザインは、ストライプ・ブラック・ステッチ・チェック・ドット・ロゴの6種類から選べます。自動付帯されている海外旅行保険以外に付くのはショッピングガード保険で、JCBカードで購入した商品を購入日から90日間、年間最高100万円まで補償してくれます。

更に、不正使用が行われた場合の請求取消しが出来る、JCBでe安心と呼ばれる保険サービスも用意されています。
入会資格は18歳以上で、本人・配偶者が安定継続収入のある方となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカード

このページの先頭へ